映画が教えてくれる本当の「中東・アフガン」紛争

スマホという誰もが手放せない機器が、使い方次第で世界に窮状を訴えかける「武器」になる。

2021年11月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

今夏、日本のテレビや新聞がコロナ禍の感染状況や混迷する政局報道を流し続けるなか、欧米を中心とした海外メディアのニュース番組の中心には常にアフガニスタン情勢があった。同国駐留米軍の最後の軍用機が現地時間8月31日未明に離陸、20年にわたる駐留を終えた。米国にとって史上最長の戦争が終わった直後、イスラム主義勢力タリバンが権力を掌握。タリバン政権による圧政の報道が続々と伝えられた。現地取材をする日本のメディアがない以上、アフガニスタンに関心を抱くことは難しいかもしれない。しかし、同国を含む中東には、私たちと同じように平和な暮らしを願う人々がいる。映画はそれを教えてくれる最良なメディアだ。

スマホで撮り続けた逃避行

アフガン駐留のきっかけとなった米同時多発テロからちょうど20年となる2021年9月11日、アフガニスタンのタリバンから逃れる難民家族を追ったドキュメンタリー『ミッドナイ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。