「特定の文字が恐い」眞子さまの本当の病状は

結婚に伴う儀式もなく、一時金も支給しない異例づくしの措置。発端となった金銭トラブルを小室さんはどう説明するのか。

2021年11月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

26日に結婚することが決まった秋篠宮家の長女眞子さまが、精神的な障害「複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)」と診断されていることが明らかとなり、波紋を広げている。宮内庁が1日の会見で眞子さまと小室圭さんの結婚の発表に関連して公表した。会見に同席した精神科医の秋山剛氏によると、眞子さまが複雑性PTSDの症状を感じるようになったのは2018~19年ごろ。秋山氏は「誹謗中傷と感じられるできごとを、長期にわたり反復的に体験された結果、結婚後、平穏で幸福な生活を送りたいという願いが、不可能になってしまう恐怖を感じるようになられた」と指摘。症例として「特定の文字をみると、実際には関係のない内容であっても、恐怖感をフラッシュバックすることがあった」とした。一般に聞き慣れぬ複雑性PTSDとはどのような病気か。世界保健機関(WHO)が認定する「国際疾病分類」の第11回改訂版( ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。