分配優先「キシダノミクス」は空砲か

金融所得課税強化案を早くも棚上げ。岸田マジックは容易ではない。

2021年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「成長と分配の好循環」や「令和版所得倍増」をテコに「新しい日本型資本主義」を実現すると公約した岸田文雄氏が首相に就任した。首相は衆議院を解散し、10月31日投開票で総選挙に踏み切る。「国民の信任を背景に信頼と共感の政治を動かしていく」と不退転の決意だ。新型コロナウイルス対策や経済政策キシダノミクスに国民からお墨付きをもらう作戦だが、大勝負の成否はまだ見通せない。マスコミの世論調査では内閣支持率は40~50%台と新政権にしては低い。聞こえの良いキャッチフレーズ政治に期待してよいのか、国民が岸田カラーを理解しにくいためだろう。

また公明党に大幅譲歩?

「経済には成長と分配が必要です。成長なくして分配なし。同時に分配なくして次の成長もなしです。富める者と富まざる者、持てる者と持たざる者の分断も生んできた」――。首相が繰り返している決め台詞だ。8日の所信表明演説でも新しい日本型 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。