新官邸の要「開成閥」嶋田隆首相秘書官

故与謝野馨の懐刀として頭角を現し、経産官僚に強いアレルギーを持つ財務省内にも「嶋田ファン」。

2021年11月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

10月4日、岸田文雄首相率いる新政権が発足した。その数日前、岸田を支える首相官邸の陣容が伝わると、霞が関に衝撃が走った。元経済産業事務次官の嶋田隆(61)を首相秘書官の筆頭格に起用したからだ。経産次官経験者を最側近の秘書官に迎えるのは異例も異例だ。「チーム岸田」では嶋田以外にも開成高校出身が目立つ。気心の知れた嶋田らを知恵袋に、9年に及ぶ安倍・菅時代との違いを、如何に打ち出すか見ものだ。

財務省も「官邸入り」を歓迎

「まさか嶋田が? 噓だろう」ある中央官庁の幹部は「嶋田首相秘書官」の報に驚きの表情だ。現役時代「経産キャリアのピン中のピン」と謳われた嶋田は、岸田と同じ開成高から東大工学部計数工学科に進み、昭和57年に旧通商産業省(現経産省)に入省した。同期には長年、安倍の首相秘書官を務めた今井尚哉、元資源エネルギー庁長官の日下部聡(現三菱電機役員)、Jリーグの立ち上げで名高 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。