スクープ! 禍の砦と化す矢島「大樹総研」

「Xデーが近い」医療ベンチャーのテラ。顧問を務めていた政界フィクサーの周辺がヤバい。

2021年11月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

SBIと新生銀行がTOBで揉める中、両者の間を取り持っていた政界フィクサー、大樹総研の矢島義也会長の周辺が慌ただしくなってきた。 ソーシャルレンディング大手「maneoマーケット」を通じ、5千人もの一般投資家から200億円超を集め、そのうち120億円を返さないまま18年夏、債務不履行となった太陽光関連のJCサービス(社長・中久保正己)。そのデフォルトから約3年、活動実態が不明なまま、投資家は待ちぼうけを食っていたが、今年3月頃、債権者のリラクゼーション関連事業「ベアハグ」が破産を申立て、JCサービスは急遽、民事再生手続きを申請。東京地裁は5月に開始決定を出していた。ところが、9月上旬、東京地裁が一転して、JCサービスを破産手続に移行させたのだ。

百鬼夜行の「松川案件」

会社再建を目指す民事再生から破産に転じた背景には、6月にmaneoマーケット元社長・瀧本憲治が日比谷公園で変死した事件が絡んで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。