「落ち目の京セラ」村田製作所、日本電産が大躍進

稲盛氏が消えた京セラはかつての京セラに非ず。 その落日が地元政財界の憐れみを誘っている。

2021年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

京都を代表する企業と言えば、稲盛和夫氏(89、名誉会長)が創業した京セラだったが、村田製作所や日本電産の躍進もあり、かつての栄華の面影を失っている。稲盛氏が年齢を重ねるとともに京セラの業績は停滞し、2社との勢いの差が鮮明となっている。京セラを1兆円企業に育て上げ、第二電電(現KDDI)の創設や日本航空(JAL)を再建させた稲盛氏も来年で齢90を迎える。2年前に高齢を理由に稲盛財団の理事長を退任し、自身の経営哲学を36年に渡って伝えてきた「盛和塾」も解散した。稲盛氏が表舞台から姿を消した途端、京セラは21年3月期決算で村田製作所と日本電産に売上高を抜かれ、国内電子部品メーカーとして3位に転落した。京セラは01年3月期に売上高1兆円を達成し、業界トップとして君臨してきた。しかし、この10年で、同じ京都企業の村田と日本電産が急成長、肩を並べるようになった。村田の売上高 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。