連載 病める世相の心療内科

コロナ巣ごもりとミドリガメの死

2021年10月号 LIFE [病める世相の心療内科(57)]

  • はてなブックマークに追加

畑をやっている。畑まで川沿いの堤防の道を行く途中で時々、のそのそ歩くミドリガメをみつける。外来種だから飼育できないが、見過ごすこともできず捕獲した。甲羅が15センチもあり、妙に愛嬌がある。始末するのも忍びなく、たらいに入れておいた。しかしある日、堤防の道でまたミドリガメに遭遇した。17センチもあり、やはり見過ごせず始末もできず、たらいに入れておいた。この先を思案しているうちに今度はもっと大きい20センチもあるミドリガメに出合った。日本の河川はミドリガメに席巻されているのだ。環境上放置はできず、3匹ともたらいの中にしばし居てもらった。見れば大中小それぞれ個性があり、15センチの亀はたらいの壁をよじ登ろうとしきりに動き回る。17センチの亀はいつも隅のほうでじっとしている。20センチの大亀は、たらいの中央に作った甲羅干しの島に居座り、ほかの亀を水の中に追 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。