快走テスラに忍び寄る「内憂外患」

米当局が事故調査を開始した。中国依存の懸念も浮上、米政府とは溝という課題も。

2021年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

電気自動車(EV)大手の米テスラが広報部門を廃止したのは2020年のことだ。「イーロン(・マスク最高経営責任者=CEO)は超合理主義。自分の発信力が高いので、不要と判断したのだろう」(同社元幹部)。爾来、取材の窓口を失った気の毒なテスラ番の記者は、マスクCEOのツイッターを確認するのが日課となっている。

「目標株価は150ドル」

そのツイッターで人工知能(AI)の説明会を開くと告知したのは6月下旬のこと。当初は「1カ月ほどで」と説明していたものの、8月も半ばを過ぎてようやく開催と相成った。当日も遅れに遅れて始まったが、しびれを切らした参加者も思わず笑う場面が用意されていた。頭部を黒、体を白く塗った「ヒト型ロボット」が登場し、キレキレのダンスを披露する。実はこのロボットの中身は人間というオチがつくのだが、マスクCEOは「当社の自動車はタイヤ付きのロボットのようなものなので、我々はお ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。