全信組連が山梨県民信組に「159億円金銭贈与」の怪

5期連続赤字の「ゴミ箱」信組に異例の救済。金融庁はいつまで延命治療を続けるのか。

2021年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2009年に450億円の公的資金が注入され、現在、経営再建中の「山梨県民信用組合」(甲府市)が迷走を続けている。6月下旬に発表した21年3月期決算では約88億円の不良債権処理を実施し、当期純利益は28億円の赤字と異例の5期連続赤字を記録してしまった。同時に18年度から3カ年の経営改革プランの結果を公表。驚くべき事実が発覚し、業界に波紋を広げた。全国の信用組合を束ねる業界団体「全国信用協同組合連合会」(全信組連)から山梨県民信組に対し、総額159億円もの巨額資金贈与が18年度~20年度にかけて実施されたというのだ。159億円といえば上位地銀の年間純利益額に匹敵する。3年前、全信組連の理事長で大蔵省OBの内藤純一らが理事会で、異例の「資金贈与」を決定したという。そもそも、信用組合とはどのような金融機関か。出資者(組合員)を構成員とする互助組織で、全国に現在、145組合がある ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。