「尖閣諸島」決死の議員視察団

10名強の国会議員と地方議員が参加準備。10月初・中旬にかけて2泊3日の行程が組まれている。

2021年10月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

尖閣諸島が日本の固有の領土であることは、歴史的にも国際法上も明らかであり、現に我が国はこれを有効に支配しています――。これが沖縄県石垣島の北方約170キロに位置する尖閣諸島の政府公式見解である。だが、現実には中国海警局の船が、接続水域(領海の外縁で国内法令を執行できる海域)を連日のように航行、領海(国家の領域で原則22キロ)侵犯も常態化、8月は4日、延べ12隻に及んだ。そもそも中国は「固有の領土」と主張、海上保安庁の航空機が中国海軍から「中国の領空を侵している」と、退出を求められる事態も発生している。制空権と制海権を中国に侵されているわけだが、中国は今年2月、海警局に外国船舶への武器使用を認める「海警法」を施行。領海侵犯があれば、海上保安庁巡視船が退去を求めるなど対応しているが、これまで以上の緊張を強いられている。

官邸が「引き留め工作」

そんな現状を把握、尖閣諸島への ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。