「食うか食われるか」藤澤信義VS此下益司

JトラストとAPFグループが繰り広げる絶滅戦争。株主総会を乗り切れない昭和HDは陥落寸前。

2021年10月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

JトラストとAPFグループが4年越しで繰り広げる絶滅戦争が重大局面を迎えつつある。現下の焦点はAPFグループの本丸とも言える昭和ホールディングス(HD)を巡る攻防。じわじわと包囲網を狭めるJトラストを前に、昭和HDは株主総会を乗り切れない事態に追い込まれ、もはや陥落寸前だ。「議長は私が代行します!」6月25日に都内で開かれた昭和HDの定時株主総会は冒頭から荒れた。議長が開会を宣言するや、議場から声が上がった。発言者は英領バージン諸島(BVI)にある「A.P.F.Group」(APFG)の代理人を名乗っていた。会社側の取締役選任案を蹴飛ばし、自らがその場で読み上げた候補者4人を選任しようというのだ。これまで提出された大量保有報告書や、昭和HD自らの適時開示によれば、APFGは58.4%の株式を保有。子会社にあたる明日香野ホールディングス(東京都千代田区)の分も合わせれば保有割合が63.5 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。