自民党調査で衆院「過半数割れ」/二階幹事長に勇退説/菅は延命「総選挙11月下旬」に先送り!

号外速報(8月25日 10:10)

2021年9月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

改めて衝撃的な大敗だった――。自ら横浜市議を長く務め、今も子飼いを多数抱える地元・横浜での市長選敗北は、菅首相の政権運営に赤信号を点滅させた。新型コロナ対策の迷走に「ノー」を突きつけられた自民党は「菅では総選挙を戦えない」と頭を抱えるが、現職の総理を引き摺り降ろす妙案は見つからない。一方、手負いの獣めいた菅が政権維持へ目を血走らせる中、菅と共に「老兵コンビ」と揶揄される二階俊博の「政界勇退」説が、まことしやかに浮上してきた。

菅・二階・元宿が「三者密談」

横浜市長選で白日の下に晒されたのは、自民党支持層の「菅離れ」だった。朝日新聞によると、菅が全面支援した小此木八郎氏は、自民支持の38%しか固められなかった。現職だった林文子氏に21%が流れたのはやむを得ないとしても、残り4割は非自民勢力に投票。野党共闘で臨んだ対立候補の山中竹春氏に17%も流れたのは大誤算だった。今秋に行わ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。