「カブールはガニ(大統領)の時よりよくなった」/「長期投資」が実り「外交カード」を握ったプーチン

号外速報(8月18日 21:10)

2021年9月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

アフガニスタン大統領府を占拠したタリバン兵士たち(8月15日)Photo:ASSOCIATED PRESS国外脱出を求めて空港に市民が殺到し、滑走路を走る米軍用機にしがみつく、軍用機内はすし詰め状態の数百人の避難民で埋め尽くされていた――。アメリカが20年にわたり軍事介入したアフガニスタンからの撤退を表明し、イスラム原理主義勢力タリバンが一気に制圧した首都カブールから流れた映像は、ベトナム戦争でのサイゴン(現ホーチミン)陥落を想起させた。各国が大使館員らの退避で慌てふためくなか、ほくそ笑んでいる国がある。ロシアだ。

カブールのロシア大使館を警護するタリバン

100人の人員を抱えるロシアの在アフガニスタン大使館は、一部を退避させる方針を示しただけで、いまも業務を続けている。タリバンが8月15日に首都カブールに侵攻すると、すぐにロシア大使館の警護にあたったからだ。ロシア大使のドミトリー・ジルノフは、ロシアメディアの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。