「ロック」錬金術師 渋谷陽一の背信

貴兄も齢七十。飽くなき欲望を自制する年頃だろう。差別をおこし、収奪も過ぎる。もうロックの神様も黙ってはいない。

2021年9月号 LIFE [堕ちた「ロック財閥」]

  • はてなブックマークに追加

ミュージシャンの小山田圭吾は差別主義者である。彼の行為は「いじめ」などというレベルではない。あまりに残酷なため大手マスコミは具体的に言及しないが、本誌は糾弾のため敢えて触れよう。障害のある同級生のA君を全裸にして洗濯ひもでグルグル巻きにして、正座させてオナニーを強要した。好きな女子の名前を言うように強い、彼女の名前を何度も叫ばせながら、自慰行為を強要したのだ。そのうえでバックドロップした。同じく障害のあるB君は下半身を裸にして廊下を歩かせ、見世物にした。鼻づまりの彼には首からビニールひもでティッシュの箱をぶら下げるように命じた。体育館ではマットの上からジャンピング・ニーパッドを仕掛けた。「あれはヤバイよね。きっとね(笑)」。小山田は26歳にもなったのに、雑誌「クイック・ジャパン」(太田出版)1995年8月号の「いじめ紀行」で、こう嬉々として話し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。