「冬が怖い」変異株に備えなし/医療ガバナンス研究所 上昌広

世界各国は、今冬の本格的流行を乗り切る準備に余念がないが、うつつを抜かす日本はキリギリスのごとく「死ぬ」しかない。

2021年9月号 LIFE [特別寄稿 アリとキリギリス]

  • はてなブックマークに追加

「東京五輪は、日本人にとって、どのように記憶されるでしょうか」海外メディアから、このように質問されることがある。これに対し、筆者はイソップ寓話に登場する『アリとキリギリス』に喩えることにしている。世界の懸念は、今冬の本格的流行を乗り切ることができるかだ。今冬を乗り切れば、新型コロナウイルス対策の出口が見えてくる。各国は、その準備に余念がない。一方、日本は東京五輪にうつつを抜かし、準備が出来ていない。このままでは、冬場の大流行でキリギリスのごとく、「死ぬ」しかない。本稿では、海外と比較し、日本のコロナ対応の問題を論じたい。まずは現状だ。日本の感染者数は鰻登りで、8月4日の人口100万人あたりの新規感染者数は88.6人(7日間平均)で、最高値を更新し続けている。政府は、東京都・大阪府・沖縄県に加え、神奈川・埼玉・千葉県に緊急事態宣言を発令したが、感染 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。