女性宮家吹き飛ばした「KK」

国民の間で「女性天皇」待望論が根強いが、有識者会議は官邸の意向に忠実な操り人形。

2021年9月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「女性・女系天皇はもとより、『女性宮家』の創設も見送った。皇族数の減少対策も、事実上の旧宮家子孫の皇籍取得案が柱で、内親王・女王が結婚後も皇族に残る案は付け足しにすぎない。やはり、あの方の存在が頭をよぎり、議論に影響を与えた疑いは否めない」政府の有識者会議(座長・清家篤元慶応義塾塾長)からヒアリングを受けた関係者の一人は、こう断言する。「あの方」とは、秋篠宮家の長女眞子内親王の婚約予定者の小室圭氏だ。眞子内親王は昨年11月、「生きていくための必要な選択」と結婚に関する強いお気持ちを文書で公表。30歳の誕生日前の今年10月までの結婚を希望されていると報じられてきた。しかし、小室氏側が4月に母親と元婚約者との金銭トラブルに関する28ページに及ぶ説明文書を公表し、その4日後に母親の元婚約者側に解決金支払いを表明して以降、結婚問題は進展がみられず、膠着( ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。