SBIと平安グループ「危ない蜜月」

ジャスダック上場企業を拠点に不動産侵攻。提携地銀の動向を注視する金融庁や公安当局がマーク。

2021年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

中国金融大手「平安グループ」が日本の不動産事業の「前哨基地」として支配したジャスダック上場「アスコット」が、SBIと共に不動産業界への侵攻を図っている。昨年末、両社は東証1部上場「THEグローバル社」のスポンサーを引き受け、勢力を拡大。だが、日本の不動産投資家と平安グループの利益が二律背反する事態となり、引き込んだSBIは慎重な判断を迫られている。マンションデベロッパーのアスコットは08年の上場直後、リーマンショックに見舞われ経営不振に陥った。翌09年、エイチ・アイ・エス子会社澤田ホールディングスの傘下に入るも、16年に株式の大部分を平安グループが取得。その後、持ち分は7割を超え、平安グループが実質支配する日本の上場会社となった。同じ頃、平安グループはSBIホールディングスと関係を深めていた。19年12月には平安グループと合弁の金融事業を設立し、フィンテックや ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。