新聞界仰天!「東京機械株」買い占めの怪

見逃せないのは在日中国人ネットワークにまとわりつく後ろ暗い人脈。陰に1人のキーマン。

2021年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「日経や読売の幹部が『どうなってるんだ!』と騒いでいる」関係者がそう話すのは、7月下旬に突如表面化した東京機械製作所株の買い占め劇である。同社は1888年(明治21年)発足の歴史ある会社。年商100億円余りだが、新聞印刷用輪転機では国内トップだ。冒頭の全国紙はもとより、『赤旗』の印刷を手掛ける共産党系のあかつき印刷まで、幅広く機械を納めている。買い占めによって輪転機のメンテナンスに支障は生じないのか――。各社が懸念するのはその点だ。買い占め側の素性や真意を探ろうと、日経や読売は自社の記者らに情報収集を急がせているという。一体、誰が何の目的で絵を描いているのか。それを知るには茫漠たる在日中国人ネットワークに足を踏み入れる必要がある。買い占めの先鋒を務めるアジアインベストメントファンドは東証2部の投資会社アジア開発キャピタルの子会社。大量保有報告書によ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。