「東燃」元社長の静かすぎる訃報

鈴木一夫氏はエクソンモービルと対峙した日本人トップ。合併したENEOSからの発表なし。

2021年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

5月28日、ENEOSホールディングス(HD)の名誉顧問、渡文明氏の「お別れの会」が帝国ホテル東京で最も大きな宴会場である「孔雀の間」で開かれた。祭壇にはENEOSのブランドマークを模したオレンジ色と黄色の花があしらわれた、事実上の社葬だった。会には菅義偉首相も出席。新型コロナウイルスの感染拡大の緊急事態宣言下にもかかわらず、経済界、政界から多くの人が集まった。三菱石油、九州石油、新日鉱HD、東燃ゼネラル石油。同業他社を次々と呑み込み、「ENEOS」ブランドの下に、旧日本石油の業界内での圧倒的な地位を築いた功労者を、ENEOSは最大限の扱いで見送った。ところで渡氏が84歳で亡くなったのが昨年12月24日。その2カ月前の10月23日、現在のENEOSホールディングスに連なる会社の元社長が静かに他界している。

「アジアで最も強い製油所」

東燃ゼネラル石油元社長、鈴木一夫氏。享年73歳。東燃ゼネラルの日本人トップ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。