格安携帯エックスモバイル「怪しい提案」商法

数年内のIPOめざす「期待のベンチャー」が投資家に怪しい提案。ジャパンライフ事件で問題になった「オーナー商法」のスキームそのもの。

2021年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ドコモなど3大キャリアから回線を借りるMVNO(仮想移動体通信事業者)で「エックスモバイル」(東京都渋谷区)という企業がある。PR大手のベクトルも出資し、現在資本金は20億円、数年内のIPO(新規株式公開)も視野に入っているという期待のベンチャーだがひとつ気になることがある。氷川きよしを宣伝に起用した大容量定額のモバイル通信サービス「限界突破WiFi」が人気を博しているようだが、無料配布する端末の資金調達が追い付かないのか、投資家に「端末を買い取って預ければ高利回りが得られる」などと怪しい提案を行っているのだ。事実確認を求めた本誌の質問状に「今回はご縁がなかった」などと回答を拒否した。本誌が入手した「限界突破WiFiレンタル事業概要」(STRICTLY CONFIDENTIAL)と題したパワーポイントの資料によれば、投資家はエックスモバイルからWiFi端末を1台につき1万円で購入し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。