松山英樹を泣かす「東北福祉大」の黒い渦

前身は「曹洞宗専門支校」。宗門校でありながら、前学長とゴルフ部の監督が刺し合い。松山もたまったものではない。

2021年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

マスターズ優勝・松山英樹選手の恩師に、金銭スキャンダルか――。6月初旬、「週刊新潮」(6月10日号)が報じた「『松山英樹』の恩師が銀座高級クラブで豪遊 4400万円の交際費を巡り詐欺で書類送検」なる暴露記事が波紋を呼んだ。松山選手の母校、東北福祉大学のゴルフ部監督、阿部靖彦が自身の遊興のため多額の交際費を支出し、遂には詐欺で宮城県警に刑事告発され、3月に書類送検されていたとする内容だ。交際費をめぐる不正が事実ならば大学は被害者となるはずだが、東北福祉大は新潮社に抗議し、法的措置も検討しているという。ある大学関係者は「書かれていることが全くのウソとは言わないが、大学を貶める悪意を感じる」と、憤る。「学内で騒動があったのは事実ですが、一部が切り取られ、針小棒大に報じられた。例えば阿部監督が接待した相手はスポーツ関係者で大学も容認していました。自身の出 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。