国庫を売った「茶坊主」太田財務次官の退場

「韓信の股くぐり」とやらで官邸官僚の道を駆け上がったが、岸田にすり寄り、菅に干し上げられた。

2021年8月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

ひと頃盛んだった「官邸官僚」というフレーズを、とんと耳にしなくなった中、ある高級官僚が霞が関から寂しく退場した。毀誉褒貶の激しいその来し方は、最強官庁と呼ばれた財務省の近年の迷走と軌を一にする。それを振り返りつつ、財務省の変質ぶりの映し絵としたい。

詭弁通り越した「虚偽答弁」

「韓信の股くぐりにも程があるぞ」。政策立案過程の克明な取材で知られる軽部謙介氏の近著『ドキュメント 強権の経済政策』のヤマ場の一つは旧大蔵省OBが現役幹部を面罵したシーン。2019年の年始め、OB懇親会で生じた珍事は財務省内に漏れ伝わり、慌てふためく人あれば、密かに意を強くする向きも。そうした反応自体が、財務官僚としての立ち位置を計る物差しの体をなした。当時主計局長でOBの憤怒の対象となったのは、この7月退官した前財務事務次官・太田充。東大法卒、昭和58年旧大蔵省入省。専ら主計局でキャリアを歩み、予算折 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。