バイデンがNSCに「反汚職」指令

「戦略的汚職」はロシアや中国の常套手段。同盟国と協力して「泥棒政治」と戦うと宣言。

2021年8月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

ヨーロッパで6月、主要国の元閣僚の動向に関するニュースが波紋を広げた。オーストリア前外相カリン・クナイスルがロシア国営石油会社ロスネフチの役員に迎えられ、フランス元首相フランソワ・フィロンも別のロシア国営石油会社の役員に就いたことが明らかになった。クナイスルは外相時代の2018年、自分の結婚式にロシア大統領ウラジーミル・プーチンを招き、2人でダンスしたことが話題になったことがある。フィロンもロシアへの融和政策を主張してきた人物だ。「シュレーダリゼーション」。ヨーロッパの外交関係者の間では、有力者がロシアに取り込まれることを意味するこんな言葉が飛び交う。語源となったドイツ前首相ゲアハルト・シュレーダーは、05年に首相を退くとすぐにロシア国営天然ガス会社ガスプロム子会社の役員に就任、プーチン政権が欧州への影響力を強めるために計画したロシアとドイツを ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。