新橋資産家女性「白骨事件」の全貌

本誌が「アル中の孤独死に終わらせてはならない」と書いたのは4年半前。現地は今も虫食いのままだ。

2021年8月号 DEEP [「地面師事件」の無残]

  • はてなブックマークに追加

本誌が「新橋白骨事件と『東劇』の闇」と題し、白骨化した遺体で発見された資産家女性が、地面師事件の被害者だと報じたのは、4年半前の2016年12月号である。その時、判明していたのは次の3点。①成りすまし女を用意したグループによる地面師事件であること、②16年10月19日に発見された女性は「事件性がない自然死」として処理されたこと、③被害者は女性と地上げ資金を提供したNTT都市開発であること――。女性は、失踪時に59歳だった高橋礼子さん。東京・新橋のマッカーサー道路(環状2号線の一部)沿いの一等地に約170平方メートルの土地を持ち(賃貸)、その近くに約182平方メートルの自宅を所有。資産は約10億円と目されていた。不動産はいずれも亡くなった両親から相続。生まれ育った場所だが、生来の人嫌い。独身で親戚縁者はなく、ホテル住まいを続け、つきあいがあるのは母親が仲良しだった近くの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。