荒ぶる週刊『文春』!/大手メディアは「弱虫けむし」/売文業 こんちき夜叉

2021年8月号 POLITICS [ひどすぎる「民放」]

  • はてなブックマークに追加

「大手メディアの記者たちよ!しっかりしろ!」と 大声で叫びたい。どれだけのスクープを「文春砲」に奪われているのか。一昨年の秋以降、菅原一秀前経産相が選挙区内で秘書に香典を持たせていた現場をおさえ、安倍政権が定年を延長させようと人事に介入した黒川弘務元検事長の「賭け麻雀のアジト」を激写。いずれも辞任に追い込んでいる。そして菅義偉首相の長男による総務官僚接待を暴いて幹部官僚も辞職に追い込んだ。文春砲によって権力の腐敗が暴かれた例は枚挙にいとまがない。その度に、テレビと新聞は後追いだ。が、「何やっているんだ!」と、記者が怒られることはないという。「権力の腐敗は文春にお任せ」という諦めが、各社の取材現場を覆っているそうだ。情けない! 本来、権力の監視は、永田町や霞が関に多数の記者を常駐させている大手メディアの仕事ではないか。筆者は、「金竹小(こん ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。