中京銀行「希望退職募集」の衝撃

人員も店舗も3割削減の大ナタ。行き着く先は十六銀行の傘下入りか、名古屋、愛知と3行統合か。

2021年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2021年6月7日、第二地方銀行の中京銀行(名古屋市)が、希望退職者を募集すると発表した。地銀が、いよいよ人員削減にまで踏み込んできたのだ。募集対象者は、45歳以上の総合職と、全年齢の一般職で銀行が適用を認めた行員。応じた行員には、割増退職金を支給し、再就職支援も行うという。今年8月に募集を行うが、具体的な人数は定められていない。

全地銀で早退募集が始まる

今回の希望退職に加え、採用調整や役員数削減によって、従業員1109人のうち、24年3月末までに、最大約30%の人員数を削減する。中京銀行は、現状の収益構造では、来期以降、収益が減り続けるとして、「経営体力のある今だからこそ、抜本的改革を行い経営の健全性を高める」としている。言うは易く行うは難し。経営陣の英断である。また、現在87ある店舗は、来年3月末までという短期間で、約3割減らすという。店舗統廃合に伴う減損処理と、早期退職実施 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。