大儲け「民間PCR」東亜産業の素性

「簡単!」「手軽!」「安い!」「早い!」を謳い文句に東京、大阪、名古屋、札幌で検査センターが大繁盛。

2021年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

コロナ禍に乗じて急成長を遂げた企業群がある。今年2月から、東京・秋葉原ほかでPCR検査センターを立ち上げた東亜産業(東京・千代田区)もその一つだ。元は電気製品、日用雑貨、美容健康製品などの、名もなき企画開発・製造会社だった。同社HPによると、昨年8月時点で売り上げは300億円、従業員は225名。1千万円だった資本金を、今年4月に3千万円、翌月には3億3千万円に増資。5月現在、パート等含め480名を抱えるまでになった模様。「とにかく威勢がいい。コロナ特需で大儲けをしている」(業界筋)目下の看板商品はネットで購入するN501Y変異株検出可能のPCR検査キット。HPで「販売実績200万件突破」と喧伝する。キット返送後、24時間以内(東京23区、大阪、名古屋、札幌、福岡など地域限定)に検査状況をメールで通知。その魅力は検査費用の安さ。税込み3千円ポッキリだ。

世間常識が通じない会社

さらに今年に入って「簡 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。