スクープ!軍事侵攻より怖い「親中派テリー・ゴウ」

ワクチンで騒ぐ親中派のテリー・ゴウに民心が傾く。武器を使わず中国の台湾統一に現実味。

2021年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「台湾統一は歴史的任務だ」――。中国共産党トップの習近平国家主席は7月1日、党創立100周年の記念式典でこう述べ、台湾統一に強い意欲を見せた。日本メディアもこぞって、その発言を大々的に取り上げた。台湾ではさぞかし中国への反発の声が強まっていると思いきや、実態は全く異なる。台湾はいま「内部分裂」の危機にある。中国の軍事侵攻などを待つまでもなく、台湾陥落の日もそう遠くはないかもしれない。

「なぜ私に任せないんだ」

新型コロナウイルスを抑え込み、昨春以降、約1年にわたって域内で感染者をほぼ出さなかった台湾。一時は「コロナ優等生」とまで言われた。民間出身のデジタル担当相、唐鳳(オードリー・タン)氏の異能ぶりは日本のテレビでもたびたび伝えられたから、記憶している人も多いことだろう。しかし5月中旬から突如として感染拡大が始まると、ワクチン確保が政府の至上命題となった。いやコロナに免 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。