「オムロン株主総会」が紛糾/OBらが「事前質問状」/山田社長が組織的「不祥事」隠蔽/「全取締役・監査役」退陣要求!

号外速報(6月21日 07:20)

2021年7月号 BUSINESS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

京都の名門、制御機器大手のオムロン(東証一部上場)の定時株主総会が大揉めに揉めそうだ。6月24日の開催に先立ち、山田義仁社長(59)以下8人の取締役と4人の監査役に対して「取締役会刷新」を迫り、現取締役・監査役の総退陣を要求する「通知書」が、内容証明郵便で届いた。差出人は「人間を尊重するオムロンを願う関係者一同及び株主有志一同」(以下、有志一同)となっており「私は株主として、株主総会で下記の事項を質問します。我社における昨今の不祥事により損なわれた信頼の回復のため、誠実な回答を求めます」と記している。本誌はいち早く5千字に及ぶ通知文(A4版15枚)を入手した。下記をクリックして、とくとご覧いただきたい。独占入手「定時株主総会に関する通知書」

OB株主ら有志一同が決起

オムロンは、株主総会に先立ち、専用ウェブサイトにおいて経営に関する「事前質問」を受け付けており、有志一同に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。