ユニクロ「新疆綿」の次は「太陽光パネル」が槍玉

ウイグルは太陽光パネル素材「ポリシリコン」の生産地。 米中の狭間に置かれた日本企業はタダでは済まない。

2021年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

「ユニクロ」のTシャツが米ロサンゼルスの港で輸入を差し止められていたことが明らかになった。中国・新疆ウイグル自治区産の綿製品に対する米国の制裁措置に違反していたという。トランプ前大統領は去ったが、米国は中国への強硬姿勢を強めるばかりだ。対立の焦点となり始めたのが、国家統合を名目に中国が実施しているとされるウイグル人の強制労働といった人権問題だ。ウイグルは綿花だけではなく、太陽光パネル素材などの産地でもあり、人権上の問題がある製品が排除されていけば、「米中の狭間に置かれた日本の企業は影響を受ける」(外交筋)。米政府は昨年末、拠点防衛と開拓を担う中国の準軍事組織「新疆生産建設兵団」がウイグル人の拘束、再教育などを主導していると断定。兵団が関わる綿製品の輸入を禁じた。新疆綿を利用するユニクロの運営会社ファーストリテイリングは今年3月、「調達し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。