もはや限界! 菅の次は「河野スタンバイ」

不測の事態となった時、政権維持のため自民党が切れるカードは「河野総理・総裁、小泉官房長官」しかない。

2021年7月号 POLITICS [いざ出陣!]

  • はてなブックマークに追加

河野太郎ワクチン担当相が激務の合間の休日を使い、久しぶりの著書を執筆している。「編集者から内容が硬すぎる、書き直せと言われてさ。早く仕上げなきゃならない」。政治家として実現したい政策を具体的に論じた内容になるという。本人は「政策集です」と言いつくろうが、9月には自民党の党則通りなら総裁選がある。10月までには衆院選も行われる。各種世論調査で「次の首相にふさわしい人」のダントツトップの座を軒並み占める注目の政治家がこの時期、政策集を世に問えば、紛れもなく「政権構想」そのものである。脱原発から女性天皇容認まで自民党らしからぬ主張をぶち上げてきた河野氏だけに、さしずめ「河野版・日本改造計画」(仮称)となるはずだ。安倍晋三前首相が公然と、菅義偉首相の無投票再選を主張する政局に、河野氏が公約集を引っ提げて「俺こそが本当に自民党をぶっ壊す!」と殴り込 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。