「東北地銀」メルトダウン起死回生の「ファンド構想」

手遅れとなる前に、東北の地銀15行が抱える約1千億円の公的資金の重荷を取り払い、大規模な合従連衡を促進すべき。

2021年7月号 BUSINESS [メガリージョナルバンクの道]

  • はてなブックマークに追加

今年5月、ユネスコは、青森県の三内丸山遺跡など「北海道・東北の縄文遺跡群」(北海道、青森県、岩手県、秋田県)を世界文化遺産に登録勧告した。地元では久しぶりの明るいニュースとして沸いているが、東北の地銀にも①東邦銀行の赤字転落、②きらやか銀行の頭取辞任、③青森銀行とみちのく銀行の経営統合と大きなニュースが続いた。なかでも衝撃的なのは、七十七銀行(仙台市)とともに東北地銀界の雄である総資産6.7兆円の東邦銀行(福島市)の20期ぶりの赤字転落だ。最終赤字は55億円。113億円に上る信用コストに加え、株式売却損や店舗の減損処理が赤字の主因だ。東北6県の第一地銀、第二地銀は、全部で15行ある。グループ数では13グループになる。2020年度の赤字転落は、東邦銀行に加え、きらやか銀行(山形市)、福島銀行(福島市)の3行であり、減益となった銀行は、過半を超える8行に及ぶ。コロ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。