日本ユニシスが珍妙「ビプロジー」に社名変更!

新商号BIPROGYは、光の7色の頭文字からとった。由緒ある名前を捨てたワケ。

2021年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本のコンピューター業界から名門の社名が消える。日本ユニシスが2022年4月1日付で社名を「BIPROGY(ビプロジー)」に変更すると発表したのである。日本ユニシスは1988年4月に外資系の日本ユニバックとバロース(東京)が合併して誕生した会社だ。米国にあるそれぞれの親会社は86年、一足先に合併してユニシスを新社名としたのを受け、日本でも日本ユニシスを名乗った。その名前を捨てるという。米ユニシスの名前はそのままだ。

親会社「大日本」に忖度?

新商号のBIPROGYは、光が屈折・反射した時に見える7色の頭文字からとった。様々なビジネスパートナーや多種多様な人々がもつ光彩を掛け合わせ、①混沌とした社会の中で新たな道を照らし出す、②光彩が状況に応じて変化するように、社会や環境変化に応じて提供する価値を変えていく——という2つの意味を込めた。7色は青(ブルー=B)、藍(インディゴ=I)、紫(パープル=P) ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。