突き上げ食らって四面楚歌「日産」内田社長

社外取締役が「リストラばかりで成長戦略がない」と突き上げ。早くも後任探しを求める声が上がる。

2021年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日産自動車の内田誠社長が、社外取締役や株主から突き上げられ、四面楚歌の状況にある。5月11日の2021年3月期決算発表から1週間ほど経ったある日、内田氏と社外取締役の会議が開かれた。そこである取締役から「リストラに追われるだけで成長戦略が全く見えない」といった指摘が出た。日産の22年3月期の業績見通しは最終損益が600億円の赤字。20年3月期に6712億円、21年3月期に4487億円の最終赤字を計上しており、これで3期連続の赤字だ。日産は20年5月に事業構造改革「NISSAN NEXT」を発表。720万台あった生産能力を540万台にまで落とすなどのリストラに加え、新車投入を加速する計画も打ち出した。しかしリストラは進めるものの、一向に回復の気配が見られない。ドル箱市場の米国ではトヨタ自動車やホンダに比べて見劣りする。日産の今年1~3月期の米国販売は前年同期比10.8%増の約28万6千台。3年ぶ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。