みずほシステム障害は「悪しき旧興銀」による人災

中間報告における坂井社長の反省の弁は、いずれも約10年前の報告書で指摘されていた。

2021年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

4千億円を超える巨費を投じた「鳴り物入り」の基幹システムが全面稼働してから約1年半。過去2度の大規模システム障害の教訓は生かされず、みずほフィナンシャルグループ(FG)と傘下のみずほ銀行は3度目の大規模障害を引き起こした。「顧客への影響についての認識不足」「コンティンジェンシープランの不備」「組織としての情報把握の遅れ」「不適切な人員配置」――。4月上旬、中間報告の会見で坂井辰史みずほFG社長(61)が列挙した原因は、いずれも約10年前の報告書で指摘されていた。過去の経験が伝承されずに繰り返されたみずほのシステム障害は「論外の人災」だ。「想定される最大リスクシナリオが十分に検討されず、適切な判断がなされなかった」「システムコンティンジェンシープランが整備されていなかった」「統括機能の不足から全体の状況把握が困難な状態が続いた」「顧客への連絡で考慮不足 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。