看板倒れ「ヒューマン・ニューディール」

コロナ禍で経済・雇用情勢は一段と悪化しているなか、キャッチフレーズ先行の既視感。

2021年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、経済活動の正常化も遅れている中、菅義偉政権がニューディール政策で活路を開こうとしている。働き方改革に関連して強調しているのが人材への投資や、成長分野での雇用機会の拡大を狙った「ヒューマン・ニューディール」である。しかし、笛吹けど踊らずの懸念が漂い始めた。秋田県出身で苦学の末、国政トップに上り詰めた菅首相の信念が自助共助公助だ。首相が目指す社会像として知られる。「自分でできることはまず、自分でやってみる。そして、家族、地域で支え合う。その上で政府がセーフティーネットでお守りする」――。首相は何度も繰り返してきた。自分でやってみる人材の育成を目指すヒューマン・ニューディールは、首相お気に入りのこの金看板と表裏一体といえる。政府は6月にもまとめる2021年経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)で、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。