我田引水「トヨタ」に反旗続々

脱炭素を巡る政府の「章男外し」。自工会の名を借りたトヨタの主張に業界の反発も強まっている。

2021年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「トヨタ社長、政府批判」。毎日新聞朝刊に不穏な見出しが踊ったのは2020年12月18日のことだ。日本自動車工業会(自工会)の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)がオンライン取材で、菅義偉政権が50年までに温暖化ガスを実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の政策を掲げたのに対し、「脱ガソリン車」の動きを牽制したためだ。それから5カ月。豊田氏は手を変え品を変え、急速な電気自動車(EV)化への移行に警鐘を鳴らすが、猪突猛進な姿勢に首を傾げる関係者が後を絶たない。

「政府とベクトル合わず」

「もはや自動車産業は抵抗勢力扱いですね」。財界関係者は3月に政府が発表した「気候変動対策推進のための有識者会議」の構成員名簿を見て苦笑した。経済界からは日本経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)、ソニーグループの吉田憲一郎会長兼社長らが選ばれたが、自動車や鉄鋼といった温暖化ガスの削減に協力が欠かせな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。