連合広島が「排除の論理」/怒りに震える志位共産/衆院選候補「一本化」に深刻な影響

号外速報(4月30日 08:10)

2021年5月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

次期衆院選の前哨戦となった4月25日の衆参3選挙(衆院北海道2区補欠選挙、参院長野選挙区補欠選挙、参院広島選挙区再選挙)は、自民党の「全敗」で幕を閉じた。本来であれば勢いづくはずの野党陣営だが、逆に「政権交代を目指す野党共闘の限界が露呈した」(連合幹部)という危機感が強まっている。共闘の枠組みから事実上「排除」された共産党は表にこそ出さないが「かつてない屈辱を受けた」(幹部)と怒り心頭だ。立憲民主党の保守系議員でさえ「ひどすぎる。枝野(幸男代表)より格上の志位(和夫委員長)さんが憤慨するのも無理はない」と同情するほどだ。

「子供のイジメ」のような仕打ち

4月27日、国会内で枝野氏と向き合った志位氏はにこりともせず、総選挙に向けた共闘を発展させるために①共通政策、②政権のあり方、③選挙協力の三つの分野で協議を行いたいと提起した。これに対し枝野氏は「互いの立場を尊重し合いながら、 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。