スクープ第3弾!「SBI不祥事」が破裂/特捜部が家宅捜索/融資詐欺は入り口/政界筋の「大物」狙いか

号外速報(4月29日 09:40)

2021年5月号 BUSINESS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

昨日(4月28日)、SBIソーシャルレンディング(SBISL)が募集した「テクノシステム関連ファンド」の「重大な懸案事項」について、2月6日に設置された第三者委員会(委員長・錦野裕宗弁護士)の報告書がまとまり、午後4時に公表された。あわせて親会社(100%)のSBIホールディングス(SBIHD)が、同日11時にリリースした2021年3月期決算で、SBISLの投資家への損失補填に伴う145億円の損失を計上し、SBISLの織田貴行前社長を解任したことが明らかになった。

第三者委員会が「善管注意義務違反」を糾弾

第三者委員会は、SBISLが投資家への営業に際し、資金使途について金融商品取引法等で禁じられた「虚偽の表示」または「重要な事項につき誤解を生ぜしめるべき表示」を行っていたほか、投資家に対する受託者責任を果たす上での「善管注意義務違反」が存在したと認定した。つまりSBISLは太陽光発電関連企業の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。