野党共闘より台湾有事! 立憲民主に「岡田克也」待望論

「春解散」見送りで衆院選の争点は「台湾有事」に。改めて問われる「野党第1党」の安保政策。

2021年5月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「外交・安保が争点になれば、野党共闘路線は瓦解する。秋解散の真の狙いはそこではないか」――。『読売新聞』は4月9日付朝刊1面で「首相『春解散』見送り」という見出しで「次期衆院選は、東京五輪・パラリンピック後の秋や7月を軸に調整するとみられる」と報じた。早期の衆院解散・総選挙を危惧する野党内には安堵感が広がったが、立憲民主党のベテラン議員の1人はこう警告した。「安全保障政策で旧民進党が分裂した2017年衆院選の再来になりかねない」

「台湾有事」どこまで覚悟

自民党の二階俊博幹事長が「(野党が内閣不信任案を提出した場合は)会期末だろうがどこだろうが。出してきたら解散だ」(4月4日のBSテレ東番組)と発言するなど、永田町で『解散風』が日増しに強まる中で突如飛び出した読売の「解散先送り」報道。閣僚経験者の1人は「菅総理本人のリーク。解散までの段取りで腹を固めたのだろう」と見る。そのう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。