かくも罪深き「インクルーシブ教育」

文科省や教育委員会の「事なかれ主義」のせいで、知的障害児の自立のために必要な個別の教育の機会が奪われている。

2021年5月号 DEEP [現場から悲鳴!]

  • はてなブックマークに追加

教育現場で悲鳴が上がっている。日本の公立小中学校には授業内容をまるで理解できない知的障害のある子供が大抵、学年に1~2人はいる。授業についていけないどころか、奇声を上げたり、教師に関係のない呼びかけをしたり、級友を何の脈絡もなく叩いたり、鉛筆をばりばりとかじったり、突然泣き出したり、そもそも45分間椅子にじっと座っていられず、床に寝そべったり、廊下に出て歩き回ったり……。結局、手の空いた職員が面倒を見るか、あるいは予算が潤沢な一部の自治体だと、支援員(介助員)一人が付きっきりで手厚くお世話する。近年は減ったが、かつては保護者が付きっ切りで介助していたものだ。

知的障害児は普通学級にいない建前

お付きの人が教科書を開き、鉛筆を取り出してくれるが、突っ伏して寝ていたり、だっこやおんぶをせがんだり、行動を注意されると「嫌だ!」と叫んだり。結局、支援員などが子供をお守りして校舎中を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。