グーグル、ピチャイの泣き所「人種問題」

憎悪犯罪撲滅を唱えるピチャイの足元で、火を噴く雇用差別。爆発する少数派社員の不満を制御しきれるのか。

2021年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

3月16日夜、米アトランタ郊外で、マッサージ店3店を狙った連続銃撃事件が発生した。死亡した8人のうち、6人がアジア系女性だった。この事件にいち早く反応したのが、米グーグルの最高経営責任者(CEO)、サンダー・ピチャイ(48)だ。ピチャイは一夜明けた17日、従業員向けの通知で、「人種や性別を理由にした攻撃は悲劇だ。我々は人種差別、性差別、暴力を断固として非難する」と書いた。だが、捜査の結果、この事件は、容疑者(21)が自分をセックス依存症にさせたことを恨み、通っていたマッサージ店を襲撃したというのが真相らしい。捜査当局は、米国で増加するアジア系市民へのヘイトクライム(憎悪犯罪)とみていない。少々勇み足だったメールからは、「人種や性別を理由にした攻撃」に敏感なピチャイの一面が見て取れる。実際、ピチャイは、アジア系へのヘイトクライムが目立ち始めた2月、ツイッ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。