撤退に次ぐ撤退!「近鉄」に激震

荒井奈良県知事に膝を屈し、奈良線移設や大和西大寺駅高架化の難工事を迫られる窮状。

2021年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

近鉄グループホールディングス(GHD)について後ろ向きのニュースが相次いでいる。コロナ禍の影響で鉄道やホテル事業の不振が続き、2021年3月期は780億円の連結最終赤字(前年同期は205億円の黒字)に転落する見通し。資産売却やなりふり構わぬリストラ策でダメージ軽減に必死だ。3月25日、保有するホテル24カ所のうち、大阪や京都などにある8カ所を米投資ファンドのブラックストーンに対し10月に売却すると発表した。JR京都駅のすぐ南にある「都ホテル京都八条」(988室)や、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)近くの「ホテル近鉄ユニバーサル・シティ」(456室)、「都ホテル博多」(208室)などだ。8施設合計の簿価は423億円だが、実際の売却額は公表していない。ブラックストーンが過半を出資する会社にホテルを売却し、この会社から受託して引き続き近鉄側が運営する。ホテルはインバウンド ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。