日本版「DX」のお寒い実態

企業の9割以上が「DXに取り組めていない」。経産省が反省と共に公表した調査結果に愕然。

2021年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

デジタル・トランスフォーメーションを意味する「DX」という用語を新聞等で目にする機会が増えた。「略すならDTだろ。なぜDXなのか」などと言う情報リテラシー貧者はさすがに少なくなったが、「弊社もDXを導入しました」「DX化をお手伝いします」と、胸を張る勘違い企業トップやITコンサルタントが一定数いる。DXとは「導入」したり「○○化」するものではない。ましてや印鑑や紙をなくしてiPadを導入したり、リモートワーク率を上げることでもない。それは単なるIT化だ。「トランスフォーメーション」という言葉が示すように、DXはビジネスや企業の在り方を「変容」「変革」させることである。デジタルはその手段にすぎない。ちなみにDTではなくDXと略すのは、英語圏では「Transform」を略す場合に「X」を用いることが多いからだ。

蔓延する「勘違いDX」

レガシーシステムの実態や弊害を示した2018年の「DXレポート」このよ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。