「ルネサス火災」で「素人」露呈

工場火災で炙り出された経営ド素人ぶり。TSMCへの売却も視野、経産省の悪だくみ。

2021年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

大手半導体メーカー、ルネサスエレクトロニクスの茨城にある主力の半導体工場で3月19日に火災事故が発生した。世界的な半導体不足がさらに深刻化する話で、火災は業界関係者を唖然とさせた。復旧の見通しもまだ正確にはみえない。

被害状況を周知する愚

この数年、ルネサスは経営が迷走し、リストラも吹き荒れた。半導体のことを全く知らない「プロ経営者」もどきが次々乗り込んでは経営を引っ掻き回し、そのツケが回ったというのがもっぱらの評判。要するに「人災」だ。それを窺わせたのが火災について開いた記者会見だった。「多くのお客様、関係先にご心配をおかけしたことを深く謝罪させて頂きます。本当に申し訳ありませんでした。1カ月以内の生産再開を目指します」火災から2日後の3月21日。ルネサス社長の柴田英利は神妙な面持ちで謝罪した。これを聞いた業界関係者は一様に「ルネサスの素人経営ぶりがモロに出た」 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。