コロナ禍ネットは 「ヤミ金の巣窟」

「究極の貧困層」が確実に増えており、それが手を変え品を変えたヤミ金の隆盛を招いている。

2021年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

ワクチン接種が遅れ、展望が見えないコロナ禍のなか、活況を呈しているのがヤミ金融である。SNS(会員制交流サイト)には、個人向け融資の利用を誘う書き込みが溢れている。ヤミ金問題の動向に詳しい堂下浩.東京情報大学教授(金融論)の研究室が、ツイッターで「#個人間融資」のハッシュタグ(検索目印)のついた投稿数を調べたところ、昨年12月の数が約1万2千件だった。2年前に同じ調査を実施した時から約5倍増。「#即日融資」「#お金貸します」といったキーワードも同様で、数万円単位の超高利の小口融資が、ネットを介して頻繁に行われている証しだ。「コロナ禍のなか、それだけ困窮層が急増しています。ネットはまさにヤミ金の巣窟。当局の摘発とSNS側のルール作りの双方が必要です」(堂下教授)

「似非ファクタリング」を摘発

政府も手をこまぬいているわけではなく、子育て世帯、ひとり親世帯、休業を余儀なくされた人向 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。