日本生命「地銀株売却」の深い読み

アフター・コロナの経済・社会を見通し、銀行セクターに続く売却対象を選び始めたようだ。

2021年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本生命保険が地方銀行を中心とした金融株の売却に動き出した。3月中旬に時事通信や共同通信が相次ぎ「日本生命、地銀株大量売却」と報じた後、金融市場やメディアでは「地銀再編の号砲が鳴った」といった観測が広がっている。菅政権下での地銀再編が既定路線となった今、金融株の叩き売りが懸念されるのは当然だろう。しかし、大手証券会社の金融ウォッチャーの見立ては真逆だ。それは、すでに地銀再編の機運は後退しており、これから地銀株が浮上するだけでなく、しばらくの間、コロナ禍の地元への潤沢な資金の出し手として、重要な役割を担うという見方だ。この筋書きに沿って考えるなら、日本生命は地銀株の「最後の売り場」を摑んだことになる。「Web経由で5割売却の通知を受けた」と、ある地銀の東京事務所関係者は打ち明ける。日本生命が各地銀に「株売却」を一斉に通知したのは、今年1月後半。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。