前代未聞!「日米首脳会談」延期の真相/楽天、SBI、竹中平蔵を注視/「過度な中国シフト」を懸念

号外速報(4月7日 07:15)

2021年4月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

「総理、4月9日でセットされました」国家安全保障会議(NSC)に「首相訪米のためのチーム」を設け、異例の体制で臨んだ日米首脳会談の実現。この吉報を耳にした菅義偉首相は感極まって叫んだ。「よし、日本が一番か!」菅の大のお気に入りの首相秘書官、高羽陽(外務省出身)は「イギリスよりも早く会談できたのは、まぎれもなく総理のお力、歴史の残る功績です」と褒め称えたが、これを耳にした同僚の秘書官から深いため息が漏れた。3月7日の緊急事態宣言解除後、新型コロナの感染拡大が続き、「第4波」の真っただ中でのバイデン大統領と初対面の首脳会談となる。小説家の平野啓一郎は「オンラインでいいだろ」とすかさずツイートしたことに、世間の冷たい空気が読み取れた。

「せめてバイデンと桜を観たい!」

外務省幹部はコロナ禍における外遊の難しさに加え、別の理由でも表情を曇らせる。4月に入り総理訪米の1週間前になって ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。