長野補選巡り「神津連合」に亀裂/「次期会長人事」に飛び火/本命・相原事務局長に対抗馬!

号外速報(3月26日 05:20)

2021年4月号 POLITICS [号外速報]

  • はてなブックマークに追加

「共産党を含む野党共闘には与しない」――。労働組合の全国中央組織である「連合」は3月22日、参院長野選挙区補欠選挙(4月25日投開票)において、共産党との政策協定が物議を醸した立憲民主党公認の羽田次郎氏(51)を全面支援すると発表した。その一方で、連合は「左右の全体主義を排し、中道の精神を重んじる」との文言が盛り込まれた「異例」の談話を公表し、立憲民主党に共産党との決別を迫る態度を鮮明にした。この談話をまとめたのは、次期連合会長の本命とされる相原康伸事務局長(60)だ。しかし、今も尾を引く「長野補選」の軋轢が、連合中枢の亀裂を生み、4月から本格化する執行部人事にも影響を及ぼしそうだ。

産別組織内議員3人が「国民民主党」入り

事の発端は、羽田氏が2月27日に共産党長野県委員会などと締結した政策協定だ。<韓国や北朝鮮との不正常な関係を解消するため、日米同盟に頼る外交姿勢を是正>などといった「共 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。