日経の元経済部長が何とまぁ「宮越HD」入り

東証1部上場企業だが、平成バブルの亡霊のような存在。「三顧の礼で迎え入れた」というが。

2021年4月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

2月10日、ある有力OBの移籍先を巡り日本経済新聞社の関係者間でさざ波が広がった。その去就が注目されていたのは昨年11月まで経済部長兼『日経フィナンシャル』編集長だった矢沢俊樹氏。常務執行役員経営企画本部長との肩書で移った先は、あろうことか、あの宮越ホールディングス(HD)である。1992年入社の矢沢氏は花形の経済部を歩み、2004年には三菱東京フィナンシャル・グループとUFJホールディングスの統合をスクープし、新聞協会賞を受賞。社内では岡田直敏社長(3月25日付で会長)の覚えがめでたく、他の有力記者ともども「岡田三羽ガラス」と呼ばれた。経済部長と同時に『日経フィナンシャル』の初代編集長に抜擢されたのは昨年4月。将来の社長候補と目された。ところが昨年11月下旬、矢沢氏は突如、依願退職してしまう。その真相は謎だが、社内での女性ハラスメント問題が一因だったともされる ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。